JKブレザー制服、セーラー服、ブルマ、ジャージ、テニスウェア、スク水、競泳水着...AV収集中 ※18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
JKのAVレビュー

宇佐美玲奈(JK制服 体操着)父に売れられオジサン宅へ JK-AVレビュー

パッケージ画像

FANZA広告
FANZA広告

宇佐美玲奈ちゃんが家計のため父に売られてオジサンを奉仕する作品のレビューです。
JK制服はYシャツです。体操着としてチアガールを見せてくれます。
FANZA公式サイトで見る
無料動画です。

画像クリックでスライド表示します。

娘に喰わせてもらってます。 宇佐美玲奈

総評

総合評価4.3
ストーリー4.5
愛らしさ4.2
艶めかしさ4.2

「娘に喰わせてもらってます。」シリーズをいくつか見ていますが、女優の性格がいろいろあって楽しめる作品です。
本作品の宇佐美玲奈ちゃんは、嫌々ではなく、小悪魔的にお金を巻き上げていく可愛さがでています。

JK衣装は、YシャツのJK制服で登場し、コスプレとしてチアガールを着てくれます。
JKの可愛さに興奮してしまい男優が理性を失い宇佐美玲奈ちゃんに抱きつく感じはとてもよかったです。

>>FANZAのユーザーレビューを読む

JKシーン説明

1. 今日は何をしに来たのか知ってる?

部位服装着脱
JK制服Yシャツ(白)
スカート(グレー)
トップス: 半脱
ボトムス: めくり
アクセサリネクタイ(赤)
ブラジャー3/4カップ(薄緑)下ずらし → 上ずらし
パンツノーマル(薄緑)半脱 → 片足脱
靴下ショート(白)
ローファー(黒)

宇佐美玲奈ちゃんはお父さんに言われて、オジサンを気持ちよくしに行く
お礼をもらうと、「あと2ちょうだい!」可愛くごねる。

エッチ後、直ぐに帰ろとするので引き止めると、「あと5!」
フェラ、男乳首舐め、ツバ飲ましとご奉仕されると、興奮してベロキスする。
Yシャツを半脱がしてブラをずらし乳首をさわる。
四つん這いでパンツのマン筋をさわりお尻をなめる。パンツを半下ろしでアナル凝視して指マンする。

仰向けでクンニして生で挿入しようとすると、ゴムを付けるように言う。
正常位で挿入して、対面座位、騎乗位、寝バック、バックと体位を変えお尻にぶっかけフィニッシュ!

夏シャツ・Yシャツ制服のまとめ記事を見る

2. チアガールのコスプレ

部位服装着脱
ポニーテール
体操着チアガール(黄)トップス: たくし上げ → 着 → たくし上げ
ボトムス: 脱 → 着 → 脱
アクセサリ
ブラジャーノーブラ
パンツチアパンツ(黄)脱 → 着 → 脱
靴下ショート(白)
スニーカー(白)

宇佐美玲奈ちゃんはチアガールの衣装を着てオジサンと一緒にダンスをする。

ショート丈のトップス上から胸を揉み、裾から手を入れてさわる。たくし上げて乳首を指先で転がす。

四つん這いでパンツをさわりスカートとパンツを脱がせてオナニーを見せてもらう。
ソファーでM字開脚し指でマンコをさわりオナニーをはじめる。
指マンを支援すると潮吹きする。

フェラをして、オナホでセンズリしながらチアで応援してくれる。

父親が集金に来て帰ろうとするが追加料金を払い、チアガールの衣装を全部着てエッチの続きをする。
フェラをしてスカートとパンツを脱ぎ恥骨をさわり顔騎する。トップスをたくし上げて乳首をさわる。
追加料金を払い生で騎乗位する。バック、側位、正常位で中出しすると、怒る。

お風呂でマンコから精液を吸い出して、フェラで顔射する。

チアガールのまとめ記事を見る

FANZA公式サイトで見る

JK AV属性

女優宇佐美玲奈
JK役柄
服装JK制服(Yシャツ) 体操着(チアガール)
事態オジサン宅
挿入正常位 対面座位 騎乗位 寝バック バック 側位
プレイ援交 ハメ撮り

宇佐美玲奈ちゃんのプロフィールやJK作品を調べたいのでしたら次のまとめ記事で見られます↓

宇佐美玲奈 おすすめJKの制服・ブルマ・スク水AV作品まとめ
宇佐美玲奈ちゃんのJK制服(ブレザー・セーラー服)体操着(ブルマ・ジャージ)水着(スク水・競泳水着)のAV作品、プロフィール、人気作品、おすすめ作品をまとめています。

購入はこちら

花実
花実

可愛いから追加料金を払ってしまいますね♥


FANZA公式サイトで見る

メーカー登録情報
発売日2021/12/31
収録時間123分
出演者宇佐美玲奈
監督ササニシキ
シリーズ娘に喰わせてもらってます。
メーカーワープエンタテインメント
レーベルFEARLESS
ジャンル単体作品 パイパン 美少女 美乳 ミニ系 制服 中出し 辱め ハメ撮り ハイビジョン ホテル
品番2dfe00057

メーカーコメント
「美人だろ、俺の娘。●万でいいよ、どう?」 酒臭い息を吐きながら笑うお父さんの後ろには知らないオジサンが立っていた――。控え目に言っても私の家庭環境は最悪の最底辺だ。無職の父親は毎日のように母を殴り、グレた弟は家出してもう半年帰って来ない。腫れた顔で店に立つ母のスナックなんかじゃ客足は遠のくばかりで生活費もままならない。なので足りない分はどうしてるのかというと、こうして私が知らないオジサンのチ●ポをしゃぶって賄っている。「れいなちゃん可愛いね、いい子だね。オジサンのこと好き?」 私が‘好きだよ’と微笑み返すとオジサンたちはニヤケ顔でお小遣いをくれる。精子を出すためにお金を払うこの人たちはホントにバカだしキモチ悪いけど、殴らないし優しくしてくれるし、あんな家に帰るよりはマシだと最近は思う…思うことにした。お父さんは嫌い、逃げた弟も嫌い、見て見ぬフリする母さんも嫌い。みんな嫌い。いつかお金を貯めて家を出る。二度と帰って来ない。だから今日もオジサンたちを気持ちよくしてあげて沢山お小遣いをもらうんだ。そのためだったら、いくらでも笑顔を作る。ウソだってつきまくるんだ。「ねぇ、●万円くれるならナマでシテいいよ。オジサンだけ、特別…」 クズ過ぎる大人たちが少女の身体を蝕んでいく。心だけは奪われまいと抗い続けた哀れな少女のおはなし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました