JKブレザー制服、セーラー服、ブルマ、ジャージ、テニスウェア、スク水、競泳水着...AV収集中 ※18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
JKのAVレビュー

鈴音杏夏(JK制服)父に売れられオジサン宅へ JK-AVレビュー

パッケージ画像

FANZA広告
FANZA広告

家計を助けるため、鈴音杏夏ちゃんが父に売られる作品のレビューです。
JK制服はベスト、夏シャツを見せてくれます。
FANZA公式サイトで見る
無料動画です。

画像クリックでスライド表示します。

娘に喰わせてもらってます。 鈴音杏夏

総評

総合評価4.1
ストーリー4.3
愛らしさ4.0
艶めかしさ4.0

「娘に喰わせてもらってます。」シリーズはいくつか見ているのですが、いつもとパターンが違っていました。
父に売られた鈴音杏夏ちゃんは、売られ先のオジサンの弱みを握っていて強い立場でオジサンを手玉に取ります。
キスNG、生NGなど制限を掛けられますが、オジサンの性欲が爆発し美少女の身体をむさぼりキスは元より生ハメする男優の演技は素晴らしい
JK衣装は、ベストのJK制服で、お風呂後にはベストがなく夏シャツのJK制服です。

今までの鈴音杏夏ちゃんの作品は攻めが多いのですが、本作は受け身が多い内容になっています。

>>FANZAのユーザーレビューを読む

JKシーン説明

1. 父に売られてオジサンの元へ

部位服装着脱
JK制服ベスト(紺)
スカート(グレー)
トップス: 着
ボトムス: めくり
アクセサリちょうちょ結びリボン(青)
ブラジャー見えない
パンツノーマル(薄緑)
靴下ショート(紺)
ローファー(黒)

鈴音杏夏ちゃんはベストのJK制服を着て、父に連れられてオジサンの元へ。
最初から不機嫌で愛想が悪い。

父がお金を受け取り帰ると、オジサンにラインに返事がないと怒りはじめる。
「他の女の子買ってたんじゃないの!」
オジサンを手玉に取り、お小遣いを取られる。

パンチラに欲情し、抱きつくと臭いと怒られ、お風呂に入る。
鈴音杏夏ちゃんも全裸でシャワーを浴び、オジサンの要望で立ちオシッコしてもらう。

カーディガン・ベスト制服のまとめ記事を見る

2. キスNG、生NGだったのに!

部位服装着脱
JK制服夏シャツ(薄青)
スカート(グレー)
トップス: ボタン外し → 半脱 → 脱
ボトムス: めくり
アクセサリちょうちょ結びリボン(青)
ブラジャー3/4カップ(薄緑)下ずらし → 脱
パンツノーマル(薄緑)
靴下ショート(紺)

お風呂あがり鈴音杏夏ちゃんは夏シャツのJK制服を着て、ベッドでオジサンとエッチする。
「私を気持ちよくして」
オジサンは股に顔を埋め、パンツを脱がし頭に被りクンニする。
キスはダメだと言われていたが、抱きついてキスをする。
夏シャツのボタンを外しブラをみる。ブラをずらし乳首を摘んで立たせる。
夏シャツとブラを脱ぎ、オッパイをさわる。

リボンを外し、汚いと言いながらも手コキとフェラをしてくれる。

コンドームを探すふりをして、いきなり生で正常位する。側位、騎乗位、バック、正常位、バックと体位を変えスカートにぶっかける。

次のシーンはチアガール衣装は断られランジェリーメイド服を着てのハメ撮りなのでレビューは省略します。

夏シャツ・Yシャツ制服のまとめ記事を見る

FANZA公式サイトで見る

JK AV属性

女優鈴音杏夏
JK役柄
服装JK制服(ベスト 夏シャツ)
事態オジサン宅
挿入正常位 側位 騎乗位 バック
プレイハメ撮り 売春
鈴音杏夏 おすすめJKの制服・ブルマ・スク水AV作品まとめ
鈴音杏夏ちゃんのJK制服(ブレザー・セーラー服)体操着(ブルマ・ジャージ)水着(スク水・競泳水着)のAV作品、プロフィール、人気作品、おすすめ作品をまとめています。

購入はこちら

花実
花実

JKが大好きなオジサン♥


FANZA公式サイトで見る

メーカー登録情報
発売日2022/07/29
収録時間132分
出演者鈴音杏夏
監督ササニシキ
シリーズ娘に喰わせてもらってます。
メーカーワープエンタテインメント
レーベルFEARLESS
ジャンル単体作品 ハイビジョン 中出し ハメ撮り 制服 美少女 メイド 女子校生
品番2dfe00063

メーカーコメント
クズ親父と孝行娘。小学六年生の夏休み、母がいなくなった。生活は坂を転がり落ちるように荒れていった。中●生になると、私は父に言われて知らない男の人にパンツを売った。唾を売って、オシッコを売って、自分を売った。「やっぱ初物って金になるんだな。お前の処女膜、また再生しねえかなあ(笑)」 缶ビール片手に父は笑う。そこからは毎週ウリをさせられた。父が連れてくる客は私のことをオモチャか何かと思ってるようで痛くしたり、汚くしたりした。貰ったお金は父にとられて、逆らえば殴られた。なんで母は私を置いていったんだろう。なんで誰も助けてくれないんだろう。死んじゃってもいいのかな。そんなことを考えているとき、あのオジサンに買われた。オジサンは私のオシッコを飲みたがる変態だったけど、痛いことも酷いこともしなくて、私のことを大好きだと言った。カワイイと撫でてくれた。全部ウソだとわかってた。それでも私はその言葉に縋りたくて、オジサンを誘惑した。「毎週私を買ってくれるなら、ナマでしてもいいよ」 与えられなかった愛情に飢えていた。クズ男に救いを求めてしまった哀れな少女のおはなし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました